じわじわとした水漏れの特徴と蛇口 交換について

蛇口からじわじわとした水漏れが起きている場合、蛇口 交換が必要な場合があります。水がにじみ出ていると、一見症状が軽いと感じてしまいがちです。しかし、放置をすることで水道代が高騰してしまったり、衛生面で影響を及ぼしたりしかねません。適切な蛇口 交換をすることで、トラブルの回避に繋がります。

■蛇口 交換をしなかったら起こること

じわじわとした水漏れについて、蛇口 交換をせずに見逃してしまうと、デメリットが多くなります。水漏れしている所は常に濡れていますから、カビが生えやすくなっています。特にキッチンや風呂場の蛇口だと、健康面において影響が出てきます。さらに湿度が高くなることで、快適さがなくなります。近年では調湿機能を取り入れた建物や空気清浄機などの機器もありますが、水漏れが原因で余計なコストが掛かりやすくなります。
また、防水処理をしていない床や壁に被害があれば、腐食の原因となります。住生活に被害を与えるだけでなく、状態によってはリフォームが必要です。その際にも、施工に高額な費用が掛かります。見た目が悪くなってしまった場合には、常に状態を気にしてしまうことで心理面でも悪い影響が見られるようになります。そのため、きちんと対処をすることが求められます。

■蛇口 交換や修理を自分でする場合のポイント

じわじわとした水漏れを自分で修理する場合もポイントがあります。蛇口 交換などを行う際、相応の工具が必要となりますが、ホームセンターに行くとパーツなど各種揃っています。業者に依頼をするのもよい方法ですが、自力で修繕を行うと時間と費用の節約がもたらされます。
自分で蛇口 交換をする場合は、水が噴出することを防ぐために止水栓か元栓を締めることが大切です。水漏れの二次被害を防ぐことに繋がります。
一方、賃貸物件の場合はたとえじわじわとした水漏れなどが小さな状態であっても、管理責任者に相談をしてください。経年劣化が原因の場合もあり、管理責任者に修理費用を支払ってもらえる可能性があるためです。また、他の住民への被害を抑えるためには連絡が必要です。業者に依頼する場合に備えて、マグネットを目につく場所に貼ることも一つの方法です。

■まとめ
じわじわとした水漏れでも、蛇口 交換などの修理をしないことで衛生面や生活面で悪い影響を及ぼしかねません。気づいたら、早めの手立てをとることでトラブルを最小限に抑えられます。賃貸物件など管理責任者がいる場合は、自分で蛇口 交換をする前に相談をすることが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ