水漏れなど水のトラブルが起きた際に業者を呼ぶポイント

水漏れなど水のトラブルが起きた際、軽度の症状の場合は相応の工具と知識があれば、自分で修理をすることも可能です。少しでも不安を抱く場合は、専門業者に対応をしてもらうことで、トラブルを改善することができます。修理を依頼する際には、かかる金額のおおよその目安を確認しておくと良いでしょう。

■水のトラブルにおいて業者に依頼すると良い場合

水漏れの症状は、じわじわとしたり吹き出して家屋全体に影響を与えてしまうことがあります。水のトラブルが起きたときは、適切な処置をしなければずっと水が止まらない状態が続きます。水道代が高騰してしまうのはもちろん、家財用品の故障ももたらし、賃貸物件の場合は他の住民に影響を与えてしまうことも考えられます。
そのため自分では手に負えないと感じた場合は、速やかに専門業者に依頼をする必要があります。場合によっては現場に到着するまでに時間を要することもあるので、応急処置の道具を用意して、水を止めるなど可能な範囲で対策をしておくと良いでしょう。依頼をする際に、業者からアドバイスを受ける方法もあります。
修理にあたって専門の工具を持ち合わせていなかったり、水漏れの原因が分からない場合もありますが、そのような場合においても、自分でやみくもに修理をすることは避けることが大切です。

■自分で水のトラブルを修理する際のポイント

蛇口からの水漏れがひどいとき、まず止水栓を締めて水を止めなければ、家屋が水浸しの状態になりかねません。温水洗浄便座のような機器の場合は、感電をしてしまう恐れもあるので早急な対処が必要です。
止水栓のタイプとしては、マイナスドライバーで調整する機器があります。サイズに合ったものを使うことで調整しやすくなります。設置場所は、概ね家屋では屋外にあり、賃貸物件なら玄関横のメーターボックスにあります。ただし、家屋全体ではなく水漏れが発生している所だけにする際は、個別に止めることもできます。
水のトラブルが起きている、機器のナットの緩みを確認する方法もあります。たとえナットを締めていても、水漏れが続いていることも少なくありません。可能な範囲で原因を見つけていく必要がありますが、修理が難しい場合は専門業者に依頼するようにしましょう。

■まとめ
水漏れ修理で、工具がなかったり高度な知識を要したりするなど、自分では手に負えないと感じることもあります。その際は、止水栓を止めるなど応急処置をしたうえで、専門業者に依頼をすると被害を抑えられることに繋がります。日頃から水のトラブル対策の一つとして、止水栓の場所を確認しておくと冷静に処置をしやすくなります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ